軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

  • スライド1画像タイトル
  • スライド2画像タイトル
  • スライド3画像タイトル
  • スライド4画像タイトル

風景に溶け込む建築設計Architectural design to blend into the landscape

  • スライド1画像タイトル
  • スライド2画像タイトル
  • スライド3画像タイトル
  • スライド4画像タイトル

風景に溶け込む建築設計Architectural design to blend into the landscape

アトリエカムイの想い

アトリエカムイの想いABOUT US

建物を設計するときには、必ずその土地に向き合います。
どこが一番居心地が良い場所だろうか?風がどんな風に流れるだろうか?そんな事を考え、土地が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で自然の美しさや豊かさや快適さを感じる事ができることを理想としています。そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、木や紙、土などの自然のものを使う事としています。また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。

カムイの想い

Create

建築家

造り手

設計施工の会社ではありませんが、最適と考えるデザインを妥協せずよい形を考え、建物の性能について最大限良い状態にするために、造り手の力を活かす手法として、設計段階から造り手とチームを組んで取り組む事を主としています。造り手は、弊社が信頼している数社から計画にあった方を選定し特命します。これにより、設計段階から実際のコスト調整、スケジュール調整も行うこともでき、効率よく高いデザイン性と高い性能を持ち、さらにコストも考えることが実現できます。地域に根差した”建築家のいる工務店”のような、そんな体制に近いです。

Comfort

居心地

高断熱
/耐震性

超高断熱性能と高い耐震性能がある建物という事だけで”いい家”とはいえません。良い意味でデザインされた居心地の良さがあって、はじめて”いい家”が実現します。建築家が一番良いと思うデザインをしながら、足元を固めるように目に見えない壁や天井裏の中、構造計画をしっかり考えます。これにより、安心感もある快適な居住環境を実現することができます。この見えなくなる壁の中や基礎の中については、第三者検査員や住宅性能評価員である知識と経験が、設計と現場監理において、高い品質を実現することに繋がっています。

INFORMATION

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP