軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

窓、気密断熱、屋根工事-銀の家-

Posted on 2018-12-18

樹脂サッシも概ね設置が終わりましたので、玄関の出窓、浴室、廊下突き当りなど各窓から見える風景を確認してまわりました。玄関の出窓は座れるようになっていますので、座って外の風景を楽しみました。すでに竣工が待ち遠しくなってしまう居場所です。電気工事絡む気密部材も現場に搬入されました。コンセント部材、換気口の貫通部材です。壁の中で見えなくなる部分ですが、どんなに素晴らしい断熱工事をしても気密工事がしっかりしていなければ、壁内空気が動き、断熱性能は格段に落ちます。こういった部材をしっかり使うことは確かな性能確保と現場施工の手戻り防止にもなるので非常に大切です。施工方法を確認の意味で電気屋さんと打合せし共有できましたので、工事も安心です。外部では付加断熱のブラケット、屋根仕上げ材の施工も進められ外部の雰囲気も見えてきました。



その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP