軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

建築家の軽井沢便り 伝統工芸

Posted on 2014-06-28

軽井沢には、軽井沢彫家具という100年を超える歴史をもつ家具があります。
家具の全面、ふちに、桜の花や幹の彫刻がされているのが特徴的で非常に綺麗です。

どことなく、鎌倉彫のような雰囲気を感じる方もいらっしゃると思います。

実は、軽井沢彫は、栃木県の日光東照宮の木彫りである、日光彫を受け継いでいるためです。
日光彫は、鎌倉彫の影響を受けたとされていますので、直接の影響は受けていないようですが
ルーツはあるようです。

軽井沢彫と鎌倉彫、日光彫との大きな違いは、図柄周辺の模様です。鎌倉彫と日光彫は、
表面を”すくう”ような模様ですが、軽井沢彫は、穴をあけて図柄を浮き出させる模様です。
機会があれば、是非見比べてみてください。

弊社で設計した「灯りの家」にも、軽井沢彫家具が置かれました。どちらかというと、日本の家具
ではなく、西洋家具の雰囲気があります。同じ部屋にあったアンティーク家具との相性もよく、違和感
なく溶け込みました。建築としては、これら魅力ある家具を、際立たせる役目もあったので、床や壁
素材や色の選定は重要な役割でした。

写真のように、現代の生活に合うよう、若い職人さん達が店の垣根を越えて、軽井沢彫家具に新しい
デザインを考えてつくっていますので、新しい建物にも似合いますね。本当に綺麗です。

軽井沢彫家具のお店は、旧軽井沢銀座を歩くと数店舗ありますので、是非、各店舗にに立ち寄って
みてください。ちなみに、箸やボールペンなどの小物もありますよ。

※写真は、「灯りの家」に置かれた一彫堂様の軽井沢彫家具です。

軽井沢彫
 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP