軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

基礎の配筋確認 – Villa-N

Posted on 2014-07-08

基礎の骨となる鉄筋も順調に組まれています。図面に現しきれない細かい気遣いまで行われており
綺麗な鉄筋の組み立てでした。

チェックでは、構造図を元に基礎の立ち上がりの位置、サイズ、鉄筋の間隔、鉄筋の大きさ、開口部の
位置と補強などなど細かく目視/計測し、職人さんと対話しながら確認しました。
弊社の場合、構造は性能評価基準の等級2(標準的な建築の構造は等級1)を標準としており、デザイン
だけでなく、見えない部分で、長期的な構造耐力を実現する
ことを目的とし、構造計算を行っています。
そのため、今回、大きく部屋をとった箇所は、鉄筋の間隔も
細かく設計してあります。

明日は、瑕疵担保保険のための第三者検査が行われます。まだ、工事途中でしたので、検査前に再度
確認して、検査員という第三者の目線でチェックをうけたいと思います。
DSCF4035 DSCF4056
 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP