軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

建築家の軽井沢便り 花火

Posted on 2014-08-13

軽井沢ではもちろん、周辺の御代田町、佐久市、千曲市でもこの時期は花火が盛ん
ですが少し足を伸ばして、新潟県長岡市まで行ってみてはいかがでしょうか。
車で2時間30分~3時間程度ですが、日本三大花火の一つ「長岡まつり大花火大会」が
軽井沢からの車での行動範囲に入っています。

ご存知の方もいるかと思いますが、長岡まつりについて、少しふれておきます。

昭和20年8月1日の夜、長岡の闇の空に大型爆撃機が来襲し市街地を爆撃、旧市街地
の8割が焼け野原になり、
1,485名の尊い命が失われました。空襲から1年後の昭和21年
8月1日に開催されたのが、
長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。
この祭によって長岡市民は心を慰められ、
励まされ、固く手を取り合いながら、まちの
復興に臨んだとのことでした。


また、2004年10月新潟県中越大震災は、甚大なる被害をもたらし多くの方々が被災し
ました。また、新潟県全体においても、各種産業に多大な被害を及ぼしました。
花火大会の中で打ち上げられる”フェニックス花火”は、大震災に負けずに頑張っている
新潟県全体の大勢の人々を元気付けるために、また、一日も早い復興を祈願して、世界
一の誇れるような壮大な花火を打ち上げたい、という思いからスタートしました。

空襲で亡くなられた方々への慰霊の念や、長岡再興に尽力した先人への感謝、また
恒久平和への願いを、この長岡まつりで伝えられているとのことです。
※長岡まつり公式サイトより引用

このような意味を入り、花火に、「綺麗」「凄い」という感情以外に、「先人への感謝」
「平和への願い」などの思いが、自分自身にできること、自己研磨など、たくさんの事
を考えるひと時となりました。

また、1日50万人も訪れる混み合う花火大会です。行かれる際には、シャトルバス
を利用するなど渋滞に巻き込まれないようにしながら、ゆったり過ごすために周辺
の地域も含め宿泊をして、日本海の海の幸を楽しむのもよいと思います。
※次回は来年の8月2日、3日です。

長岡

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP