軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

土木工事 観風荘

Posted on 2015-10-05

工事自粛期間を明けて、観風荘も着工いたしました。
取り付け道路より2mほど下がった地点から下る斜面に建物が建ちます。
そのため、建物高さを出来る限り抑えるため、後退距離の地点において、地面高さの
設定をアプローチしやすい斜度の取り付け道路を踏まえながら決定しました。

工程としては、まずは、この車路の工事を行います。工事用通路と最終的な車路が
併用されますので、工事車両により自然と締固めがされます。さらに、通路工事と
仮設工事が重複するため工事費削減もできます。

図面で何度も確認しましたが、自分の足で登ったり下ったりしながら、斜度を確認しました。

仮設車路ができれば、つぎは、地盤補強(杭工事)です。
見えない部分ですが、非常に重要な工事が続きます。

DSC01403
 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP