軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

建築家の軽井沢便り 御印文頂戴

Posted on 2016-01-16

お正月を明けると長野市の善光寺では御印文頂戴といわれる行事が行われます。
直径10センチほどの判が錦に包まれており、この御印文を額に押してもらうことで、
極楽浄土が保証されると言われています。

今年は終わってしまいましたが、来年のお正月明け、1月7日~15日までに訪れて
みてはいかがでしょうか。木造建築としても立派な善光寺でお勧めです。
軽井沢からですと1時間30分程度で行けます。

DSC_0601
 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP