軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

新規プロジェクトのお知らせ 風景を描写する家

Posted on 2016-03-18

中軽井沢の管理別荘地内において、縁あって既存の別荘改修の設計を担当いたしました。
工事契約も済み、解体工事が進んでおります。

以前改修した”ソトウチの家”のように、南西方向への美しい景色が和室空間で閉ざされており
現地に訪れた時、これを取り込むことがこの改修で一番大切なことと感じ計画をまとめました。

こちらの計画についても、個人情報の観点から”風景を描写する家”という名称でブログで紹介
させていただきます。開口部の改修操作により、季節によって風景が移り変わる姿が楽しむ
ことができるようになります。冬は雪景色と同じ壁のラインにある薪ストーブの炎を楽しみ、
春には新緑を楽しみ、秋には、庭のモミジの紅葉が楽しめます。そんな別荘生活を実現する
ための家として命名いたしました。

少しづつではありますが、工事の経過をご報告させていただきますので、よろしければ
ご覧ください。

DSC02655
 

 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP