軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

上棟 - 御代田の家

Posted on 2017-08-27

昨日、晴天の中、無事に上棟しました。
朝は雨が降っており、どうなることかと思いましたが、敷地に着くと雨はやみました。
午前中は曇りのなかのため、職人さんへの体の負担が少なく、午後は、青空になり、材の乾燥を促すことができる日となりました。
私の場合、上棟の日は、出来るかぎり朝から夕方までいるようにしており、幸運にもこの日も朝から夕方までいることできました。図面で書いたことが組み立てられる素晴らしい1日に立ち会いたいと思っています。まるで我が子が初めて両足で立つ姿を親が見守りたい・・・そんな気持ちと同じかと思います。
組みあがって行くところに立ち会うと「これは大変だよ!どうやるんだ!?」って職人さんに愚痴られることもありますが、しっかり悩んで対応している姿を見て、設計者としては嬉しい気持ちと、意匠を維持したまま、もっとつくりやすく考えなければいけないっと思うこともあります。
設計者、職人という立場は違いますが、私は、1つの良い家をつくるためのチームとして、それぞれがプロ意識の中でざっくばらんに意見を言い合って進めていきたいと思っております。この日は、上棟後、お世話になった職人さんに感謝とお祝い気持ちをもって、夜遅くまで一緒にいました。そんな関係を凄く大切にしております。楽しく良い1日でした。
週明けからは、引き続き工事が進みます。進捗が楽しみです。
 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP