軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

プロジェクトのお知らせ – T様の家 –

Posted on 2013-09-27

新規プロジェクトのお知らせです。

建築予定地は、長野県軽井沢町です。
敷地北側には森もありますが、日当たり良い立地で、ゴルフ場のような綺麗な芝生のある土地です。
縁あって、設計のご依頼をいただき、実施設計も終了し、工事請負契約も無事に終わりました。

この建物は、平屋で居住面積37坪とデッキ13坪のゆとりのある空間があり、ゆったりと過ごせる
空間となっています。また、断熱計画をする際に、音への配慮計画もあったため、今回、高気密高断熱
を実現するために、東北地方を拠点におき、室蘭工業大学教授/鎌田紀彦先生が代表理事の「新住協
というNPO法人の仕様を採用することとしました。そのため、このNPO法人のマスター会員が施工する
という体制となっています。

断熱性能面は他には見られないグレードとなっていますので、冬も夏も過ごしやすい性能を持ちます。
内部には、自然素材を使い、お客様のお好みの家具に合わせたデザイン計画となっておりますので
今から楽しみです。

なお、こちらのプロジェクトも、個人情報の事もあり、T様邸については、 今後サイト内では、
仮称ではありますが、”灯りの家”(あかりのいえ)として 表現させていただきます。

この建物では、お客様のお気入りの、照明器具が玄関で、来客様をお出迎えします。
実は、すべての計画は、この照明器具からはじまっていること、また、今回の断熱性能は、軽井沢の
ような寒冷地においては必要な技術であり、1つの選択肢として長野県に普及できればという願いの
”灯り”も含めて、このようなプロジェクト名としました。

少しづつではありますが、報告させていただきますので、楽しみにご覧くださいませ。

灯りの家..

 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP