軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

2022年 建築探訪①

Posted on 2022-09-19

たまには、現場進捗以外の話題。かなり時間が経過してしまいましたが、コロナが少し落ち着いた時期、3回目のワクチン接種を完了したあと、四国、広島の建築に訪れました。ここ数年、なかなか遠出をすることができなくなってしまいましたが、設計する上で、自分が好む建築に訪れることは非常に大事だと思っていますので、思い切って計画してみました。新しい発見があったり、改めて考えることもありました。前半は、四国にある好きな建築家の作品、大学時代にお世話になった石田敏明先生の恩師である伊東豊雄さんのミュージアム、大学院でお世話になった堀部安嗣先生の作品。どれも、じっくり、ゆっくり見ることができました。

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP