軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

日本エコハウス大賞-御代田の家-

Posted on 2018-11-22

意匠と性能の両面で優れた住宅を表彰する設計事例コンテスト「日本エコハウス大賞」において、昨年、弊社で設計監理した「御代田の家」が奨励賞を受賞いたしました。貴重な設計監理の機会を私に任せてくださった住まい手さん、現場で工事に携わってくださった皆様、選考に携わって下さった皆様、大変感謝しております。この場を借りて、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。
奨励賞いただき入賞された方々どのような家をつくっているのか気になり、先日、この日本エコハウス大賞の大賞候補公開審査を聞きに東京ビックサイトに行ってきました。
第四回となる今回の日本エコハウス大賞のテーマは「人生を豊かにするエコハウス」。プレゼンを聞きながら各大賞候補者の内容やそれに対する審査員の先生方の鋭い指摘を聞き、また審査終了後に意見交換させていただく中で、自分自身がこれから何に取り組むべき事が見えてきたように感じました。帰りの新幹線では、ずっとそんな事を考えておりました。今回の受賞を励みに、今後もより良い建築をつくるために、一層努力を重ね、設計に取り組んで参りたいと思います。

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP