軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

ル・コルビュジエ展~絵画から建築へ-ピュリスムの時代

Posted on 2019-03-08

先日東京での打合せ前に国立西洋美術館で開催されている「ル・コルビュジエ展」へ足を運びました。
私自身コルビュジエ建築が好きなのですが、コルビュジエの絵画も凄く好きなのです。”絵画から建築”というテーマは、私にとっては楽しみな企画展でしたので、開館と同時に入り音声ガイダンスを耳に付けてすぐに展示空間へ向かいました。
西洋美術館の本館は、昭和34年に竣工したコルビュジエ設計の建物です。展示と空間をじっくり体感し、次の展示へ。かなり濃厚な時間となりました。自分自身が以前からピカソでなくコルビュジエの絵になぜ魅かれているのか、今回の展示で分かった気がします。
「もう一度、見に訪れよう!」そんな気持ちを持ってここを後にしました。展示は、5月19日までです。金曜日、土曜日は20時まで開催されているようです。あと2カ月以上ありますので、お近くまで来られた際には、寄ってみてはいかがでしょうか。

https://lecorbusier2019.jp/

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP