軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

土台敷- モリノス -

Posted on 2019-05-08

連休前に基礎工事を終え、本日から大工さんが土台敷を行っています。基礎と土台の間には、黒い高さ2cmの基礎通気パッキン材を設置しています。弊社の設計する建物では、冬の光熱費削減のために基礎断熱を採用しています。そのため、気密性を重視し、このパッキン材は普段現場には使われない材料です。モリノスの1階には車庫や倉庫、機械室など人が普段いる部屋がないことから、基礎断熱不要としましたので、土台の気密性も不要となります。そこで、今回は、1階の各空間で、木材が常に呼吸し、また置いてあるものが痛まないように空気を動かするために、通気専用のパッキンを配置しています。通気の工法は、基礎の大きな四角い穴をあける方法もありますが、この部材を使うと、基礎に大きな穴をあけなくてよいため、構造的にも有利ですし、施工も容易で間違いがなく、さらに見た目も綺麗なので、良い工法です。なお、砂利の下には、防湿フィルムも敷きこんでいますので、湿気も地面から入ってこないように処置していますので、余分な湿気が1階の倉庫に入ってくることがないように対処しいています。また、今回、一部、シャッターと柱との絡みで製作した鉄骨部材も同時に設置されました。普段見慣れない材料が、次々に設置されています。

敷地内ではチューリップも咲き、春の訪れを感じますね。9日はいよいよ上棟です。設計者としては図面が立体になる瞬間なので、楽しみ、不安、ドキドキ…いろいろな感情があります。
 

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP