軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

基礎工事3 -灯りの家-

Posted on 2013-11-16

基礎の立上りも終え、型枠の解体も終えました。

周りにある白い素材は、基礎の断熱材で、防蟻処理が施されている
120mmの材料です。継ぎ目には専用の防蟻シールを施し、さらに、
基礎工事で工夫して、防蟻性能を現場で向上させております。

なお、この後、白い断熱材のすべての面には、モルタルを塗って保護
しますので、最終的には、コンクリートの色になります。
この光景は、今しか見れません。

基礎の形状から、間取りも体で感じることができますので、すでに
打合せを終えた、浴槽・水栓・キッチンの形状を頭に思い浮かばせながら
より具体的に配置したことを想像し、視線の抜けや使い勝手を現場で
確認しました。

木材の加工図の打合せも終え、加工がすでに始まっており、いよいよ、
上棟となります。

灯りの家-基礎

 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP