軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

地鎮祭- ガクブチのある家 -

Posted on 2019-10-04

「ガクブチのある家」、本日、雨も降ることなく、無事に地鎮祭を終えることができました。
地鎮祭の1つ1つの儀は、身に染みるものがあります。祈りの祝詞を聞きながら住まい手さんと一緒に多くの土地を探してきた年月や、設計打合せ日々やを思い出し、いよいよ、この土地に手を加えることへの嬉しさと、監理していくことに対して、気が引き締まる思いを感じておりました。

週が明けて、来週から着手します。改めて、浅間山へのガクブチを何度も確認しました。図面と土地は何度も確認してていますが、やはり立体になるまでは、気が気ではなりません。今回も、上棟まで大きな緊張が続きそうですね。もちろん、竣工までも緊張は続きますが、お引渡し後に、住まい手さんが幸せに生活されていく姿を想像すると、この緊張もすごく大切なものだと実感します。


その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP