軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

新住協へ入会いたしました

Posted on 2014-01-12

寒冷地の断熱については、日本ERIはじめ、日本住宅・木材技術センター、評価協会
建築環境・省エネルギー機構などのテキストで学んできておりましたが、より高度な
レベルを目指すべき、1年ほど前から室蘭工業大学教授・鎌田紀彦先生が代表理事を
務める「NPO法人 新木造住宅技術協議会(新住協)」のテキストを読んだり、
マスター会員様との情報交換、新住協仕様の実践を行うなどしてきました。

新住協の仕様は、興味深いことがあり、さらに深いところまで学ぶ必要があると考え
年も新たになったところで、正式に入会することとしました。

寒冷地である軽井沢において、お客様に満足いただくための、設計技術的向上に
精進いたします。

断熱

 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP