軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

土間コンクリート工事-シンクロする家-

Posted on 2021-08-25

昨日、駐車場の土間コンクリート、玄関アプローチコンクリートの工事を実施しました。敷地は、北側道路から敷地南へ緩い下り勾配になってます。この場合、
①道路の高さに合わせて家のフロアレベルと決める
②低い地面に合わせて家のフロアレベルを決める
の大きく2つの選択肢が考えられます。この手法による違いは、車の止めやすさと庭との一体感だと思います。また、①については、これに加えて、盛土をすることで工事費が余分にかかったり地盤の安全性も不確かになります。ここでは、地盤のこともそうですが庭との一体感を大事にするため、後者である②を選んでいます。

駐車場は、緩い勾配で、家の屋根に下まで導き、玄関までは、緩く段差の小さい階段でアプローチするします。なお、車のアプローチに影響しない部分は、外構と庭師さんによる造園工事で綺麗に整えることで、北側の顔も整える予定です。

ウッドショックの影響もあり、建て方(上棟)が9月です。プレカットの打合せ、設備図の確認、螺旋階段、木製サッシの確認など、この期間にしっかり行いました。準備万端で、次の工程です!楽しみです!


その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP