軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

BLOGブログ

内装工事とスリット- 食癒の家

Posted on 2014-05-05

お引渡しを前にほとんどの工事が終えています。写真は、1階のスリットです。

漆喰で仕上げた窓のスリットは、角度によってはこのような美しい光の抽象的な顔が現れます。
この角度から少し先に歩いて進むと、外部の植栽が段々見えてきて、また違う表情を出します。

竣工まであと少しです。

壁スリット

 

 

 

 

 

Tag /

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP