軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

シンクロする家北佐久郡御代田町

  • シンクロする家
  • シンクロする家
  • シンクロする家
  • シンクロする家

場所は、長野県御代田町。軽井沢町にも近く、佐久市にもアクセスのしやすい利便性の良い立地で、日当たりも良く、良い樹木も多く残っているこの場所において、縁あってご家族のための住宅の設計を行いました。土地は1年前に購入され、また、設計中は、近くに住んでいらしゃっていることもあり、四季の変化を感じながら設計を進めておりました。

本プロジェクトは、「シンクロする家」として名付けました。問い合わせいただいた縁からはじまり、この土地との縁、以前お住まいになっていた場所、以前住んでいた家の事、持ち込まれる照明器具や家具など、設計を進める上で多くの事が意味的に関連しておりました。意味のある偶然の一致が”シンクロニシティ”という言葉の意味そのものでありました。さらに、設計コンセンプトにおいても、土地に呼応する建築の形態とあり方が、まるで土地と建築が同じ感覚で存在するようにまとまめたことで”シンクロ”という言葉を家の名前とすることとしました。

なお、この家の仕様は、「燃費半分の家」Q1.0に、耐震等級3(許容応力度計算)による住宅です。

工事経過のブログはこちら

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP