軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

エイチの家北佐久郡軽井沢町

  • エイチの家
  • エイチの家
  • エイチの家
  • エイチの家
  • エイチの家

場所は、長野県軽井沢町追分。利便性が良く周囲には美しい家が建つ立地において、縁あって住宅の設計を行いました。
南道路は、比較的交通も多いことから、既存木を残す計画とし、敷地内にある美しい桜やモミジは、そのまま活かしています。また、一部2階となる家ですが、西側道路には大きな下屋をつくることで、道路側に対して圧迫感を持たせないこととしています。この下屋は、家に帰ってきたとき、あるいは訪れた人が一呼吸おいてから家の中に入る、そんな行為を行う豊かさを持つアプローチとなっています。内部は豊かな空間と内外を繋ぐ関係が魅力的になるようにまとめています。長い打合せを経て熟考した経緯を持ち、また、打合せを通じて、素材の力、職人さんの知恵を活かしていきたいという建て主さんの気持ちがあったことから”叡智”という言葉を採用し、その他複数の意味も持たせ本プロジェクトを「エイチの家」と名付けることとしました。なお、この家の仕様も「燃費半分の家」Q1.0に、許容応力度計算による構造の安全性を確認しています。

なお、この家の仕様も「燃費半分の家」Q1.0に、許容応力度計算による構造の安全性を確認しています。

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP