軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

観風荘軽井沢町

  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘
  • 観風荘

軽井沢駅から北に進んだ、旧軽井沢のエリアの山の中腹において、縁あって別荘の設計を行いました。 計画中は、何度も足を運び、冬の景色、春の景色、夏の景色の変化を見ながら、豊かな自然を体で感じました。遠くまで見渡せる景色、春には、肌を優しく撫でるような風を感じ、目を閉じて耳を澄ませば鳥のさえずりが優しく耳に響く、こんな自然環境における、ふさわしい建物を求め計画進めました。 この建物には、計画段階から”観風荘”という言葉を建て主からいただき、この名称を大切にしながら、建築の在り方を考え、自然の中に静かに身を置く存在を目指し、併せて、風と共存することを意識して、屋根形状、平面形状などを決めました。 斜面地という厳しい条件とともに、美しい借景が楽しめる計画地。斜面が敷地に対して斜めに下るために生み出された平面計画と屋根形状。この屋根形状は雪も自然に受け流します。断面計画では、借景を室内に取り込みながら、豊かに広間ですごせるようにしています。また心身ともに落ち着いて休めるように、和室と寝室については、天井高さを抑えるなどの高さ方向の操作も行い、平屋建てでありながら豊かな室内環境を持っている建物です。

工事経過のブログはこちら

DETAIL

Photo by:井野勇志
[延床面積] 178.94㎡
[建築面積] 185.28㎡
[階数] 平屋建て [構造] 木造軸組
[外壁] ジョリパット、杉板
[内装] 壁:珪藻土、床:ヘムロックフローリング、天井:杉板、AEP塗装
[暖房設備] パネルヒーター
[施工] 株式会社堀内組
[竣工時期] 平成28年6月

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP