軽井沢の建築設計事務所|一級建築士事務所アトリエカムイ|建築家 / 井野 勇志|新住協Q1.0住宅|高断熱|別荘

上ノ原の別荘(煙の家)北佐久郡軽井沢町

  • 上ノ原の別荘(煙の家)
  • 上ノ原の別荘(煙の家)
  • 上ノ原の別荘(煙の家)
  • 上ノ原の別荘(煙の家)
  • 上ノ原の別荘(煙の家)
  • 上ノ原の別荘(煙の家)

中古で購入されたオーナー様から別荘を芸術家の製作活動拠点とギャラリーを併設した「上ノ原ギャラリー」として内部改修を行いました。 オーナー様のお付き合いのあるインテリアデザイナ―さんとの仕事となりましたので、私は、技術的なサポートや寒冷地における対策など、コンストラクションマネジメントに徹して関わりました。さらに外構、植栽設計は弊社で行いました。 その後、オーナー様がご事情により手放すことになってしまいましたが、この空間を大事にしていただける新しいオーナー様の手にわたり、弊社で外観改修を担当しました。ギャラリーとしての用途から、別荘としての用途に、「アートを楽しむ空間」から「ゆったり過ごす空間」へと空間の質が変わるため、外観の一部を板張りとすることで、全体的に落ち着いた雰囲気に変更しました。改修は、意匠上の観点から杉板のサイズを規格から外して加工したものを縦に張り白壁部分との見切りの位置調整なども行いました。 そして、その後、さらにオーナー様が変わり、よりここでの滞在時間が多くなることで、開口部回り、テラスの改修、内部の一部改修など、オリジナルのデザインを維持したまま改修を行いました。 オーナーが変わっても空間を大事にしてくださるため、私としても、全体の雰囲気を変えないように、試行錯誤しながらより良くなるように改修をしてきております。築年数は確か40年程ですが、大事にしながら丁寧にデザインコントロールして、しっかり手を加えてきたため、新築にはない、長い歴史の時間軸がしっかり染み込んでいる魅力がある別荘となっています。

その場所が持つポテンシャルを最大限に活かして、風景の中で建築が美しく存在し、
時を超えても愛されるあり方でありながら、室内は、日々の暮らしの中で
自然の美しさや豊かさや快適さを感じることができることを理想としています。
そのため建築で使う材料は、時が経て味わいが増し、人の心を豊かにするような、
木や紙、土などの自然のものを使うこととしています。
また、この素材の魅力を最大限活かす職人の技術も大切にしています。
「アトリエ カムイ」とは、その場所が持つポテンシャルと建築をつくる素材や技術に
正面から向き合い、デザインしていくという意味を込めています。

PAGE TOP